LINEモバイルとは?特徴と評判まとめ 料金が安すぎる格安スマホ

LINE格安スマホで登場!

LINEモバイルとは

LINEといえばスマホの無料通信アプリとして有名ですよね。

 

そのLINEが2016年9月21日に格安スマホへ参入しました。その名も「LINEモバイル」です。

 

しかし、格安スマホというと他にも楽天モバイルやYモバイルマイネオ・UQmobileなど
ほかにもたくさんのサービスが存在しています。

 

実際のところLINEモバイルが他のサービスと比べて
どう違うのかを比較するのも手間がかかってめんどくさいですよね?

 

このサイトでは評判や価格・電波状態など様々な分野からLINEモバイルを比較しています。

LINEモバイルの凄いところ!

特定サービスが通信料カウントフリー

 

LINEモバイルの最大の特徴としては特定のサービス使用時の通信料が使い放題というところです。

 

LINEモバイル データ通信 カウントフリー

 

ほかの格安スマホでは今までになかったサービスで
その特定のサービスというのは

 

LINEフリープランでは
LINEの通話・トークが使い放題

 

コミュニケーションフリープランでは
LINEの通話・トークに加えて
Twitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)
のデータ通信がカウントされません。

 

なので、LINEで全ての連絡を取り合うって方は電話代+メール代がかからないってことになります。

 

それに加えて最近はやりのSNSの使用でデータ通信がかかりません。
SNS等で画像や動画をみたりSNSへ写真や動画をアップロードがやり放題となります。

 

いろんな情報を共有したりする方にはとてもお得なサービスですね!

 

スマホ,SNS

 

オプションとしてはLINE MUSIC(ラインミュージック)のデータ通信料が
使い放題になるMUSIC+プランというものもあります。

 

LINE MUSIC(ラインミュージック)というのは150万曲以上の音楽が
効き放題の音楽配信サービスで好きな時に好きな音楽を聴くことが出来るサービスです。

 

LINE MUSICでは音楽を聴くたびにデータ通信量がカウントされていきますが
MUSIC+プランではデータ通信量がカウントされなくなります。

 

なのでLINE MUSICで音楽を聴く方にはおススメのサービスになります。

 

スマホ,音楽

 

LINEモバイル サービス

 

LINEで使えるポイントがもらえる

 

毎月の月額使用料金の1%分がLINEポイントとして付与されます。
LINEを使用する人は有料のLINEスタンプの購入に使ったりができます。

 

セキュリティ面しっかり!若い人にもおススメ

 

LINEモバイルは無料でフィルタリングアプリを使うことができるので有害なサイトから守ることができます。

 

スマホ,セキュリティ

 

フィルタリングアプリの主な機能は

 

・長時間のスマホの利用を制限できる
・子供の年齢に応じて、自動的に適切なサイトを見れるか見れないかのフィルタリングができる
・他のパソコンから子供の検索履歴を確認できる

 

LINEモバイルは月額料金も安いので子供が初めて持つスマートフォンにも向いています。

 

しかし、最近ではいろいろな有害サイトが蔓延しているのでこのように悪意のあるサイトを無料で遮断できるのは
スマートフォンを持たせる親の立場からも安心できますね。

 

あとは、GPS付きの端末を持っていれば現在地を確認することもできるので安心です。

 

契約者と利用者を分けて契約できる

 

LINEモバイルは契約者と利用者を分けて契約できます。

 

スマホ,セキュリティ

 

どう分けるかというと

 

・マイページへのログイン・LINEポイントの付与などは契約者

 

・データ残量の確認・データの受け取りは利用者

 

と管理することもできます。

 

契約者と利用者の登録は、LINEアカウントをそれぞれに関連付けることで分けることができます。

 

データ通信量の翌月繰り越しができる

 

当月に使わなかったデータ使用料を翌月に繰り越すことが出来るので
使わなかったデータ使用料を無駄にせずに使用できます。

 

端末保証のオプションサービス有

 

LINEモバイルでは端末が万が一壊れてしまったときに使える2種類の端末保証があります。

 

スマホ,故障

 

一つ目は、LINEモバイルで端末を購入した人へ向けた保証【端末保証】です。

 

月額450円(初月無料)で故障した場合
1回目は5000円2回目は8000円で交換用端末を自宅へ配送してくれるサービスです。

 

2つ目は、自分で用意した端末でLINEモバイルへ契約した方へ向けた【持込端末保証】です。
こちらは、月額500円(初月無料)で故障した場合1回目は4000円2回目は8000円で修理か交換対応をしてくれます。

 

対応端末はLINEモバイル公式サイトで確認をしてみましょう。

料金プランやサービスなどの基本情報

LINEモバイルの料金プランは以下の通りになります。

 

LINEモバイルの料金プラン(月額)
LINEフリープラン                                           ?
  データ通信専用プラン 音声通話付きプラン
1GB 500円 1200円
SMS機能 +120円 無料
使い放題 LINE(ライン)
 
コミュニケーションフリープラン
  データ通信+SMS機能プラン 音声通話付きプラン
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円
使い放題

LINE(ライン)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)
Instagram(インスタグラム)

 
MUSIC+プラン
  データ通信+SMS機能プラン 音声通話付きプラン
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
使い放題

LINE MUSIC、LINE(ライン)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)
Instagram(インスタグラム)

 

※初月は事務手数料3000円が必要

 

無料通話はついてこないので電話をかける場合には
20円/30秒が別途必要になります。

 

しかし、LINEモバイルの通話アプリ『いつでも電話』を使う事で
通話料金が10円/30秒になりますので通常の通話をする場合はアプリを起動してから
発信する事で通話料金が半額で利用できます。

 

また、10分間電話かけ放題オプションを使えば
10分間以内の通話であれば回数無制限で国内電話を利用することが出来ます。
※10分電話かけ放題オプションは月額880円

 

注意点としては緊急通報(110番、118番、119番)やフリーダイヤル、ナビダイヤル(0570)など
一部発信できない番号帯があります。
こういった番号への発信はアプリを使用せずに電話をかけましょう。

 

データ通信量の追加をする場合は
以下の料金を支払う事で追加が可能です。
(追加購入は月に3回まで)
500MB : 500円
1GB   :1000円
3GB   :3000円

 

LINEモバイルのカウントフリー詳細

 

LINEモバイルのカウントフリーサービスの詳細は以下の通りです。

 

【LINEアプリのカウントフリー】

トーク機能

テキスト及び音声メッセージの送受信
スタンプ・画像・動画・その他のファイルの送受信
無料通話・ビデオ通話

タイムライン機能 画像閲覧・投稿(画像・動画)
その他

スタンプ・着せ替えのダウンロード
アカウント設定に関わるご利用
友達一覧画面の表示・友達の追加
その他 画面の表示

 

【ツイッター・インスタグラム・フェイスブックのカウントフリー】

ツイッター

タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画)
「ホーム」「ニュース」「通知」の画面表示
メッセージ機能のご利用
プロフィールの編集

インスタグラム

タイムライン・ニュースフィードの画面表示・投稿(画像・動画)
ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画)
検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画)
アクティビティの画面表示
ダイレクトメッセージの利用
プロフィールの編集

フェイスブック

タイムライン・ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画)
「お知らせ」「リクエスト」「その他」の画面表示
プロフィールの編集

 

【LINE MUSICのカウントフリー】

LINE MUSIC

ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージック各画面の表示・利用
音楽・音声の視聴
オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

 

LINEゲームについてはこちらを参考にしてください
LINEモバイルではLINEゲームもカウントフリーなの?対象のサービスとは?

 

通信速度は?

 

現在サービスが開始されたばかりという事もあり
口コミでは通信速度がとても速いと言われています。

 

しかし、加入者が増えてくると他の携帯会社と同じような
通信速度になるとも言われているので速度については概ね良好です。

 

LINEモバイルの通信エリアはNTTドコモのネットワークを利用していて
通信速度の数値は下り375Mbps、上り50Mbps、低速時200kbpsと発表されています。

 

また、使用する場所によって電波状態が変わってくるので全ての場所でこの通信速度が出るとはいえないです。

 

しかし、格安スマホでこれだけの速度が出せるというのはうれしいところですね。

 

LINEモバイルの申し込み方法

LINEモバイルの契約をするためにはインターネットもしくは店舗での申し込みとなります。

 

必要な書類としては以下のものになります。

 

本人確認書類として使えるもの

 

・本人確認書類

運転免許証・運転経歴証明書・在留カード・特別永住者証明書・住民基本台帳カード
届出避難場所証明書・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳

 

・補助書類が必要な書類

日本国パスポート・健康保険証・後期高齢者医療被保険者証・特定疾患医療受給証・特定疾患医療登録者証

 

・補助書類

公共料金領収書・住民票

 

 

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号

 

今まで使っていた番号をそのまま使う場合は、有効期限が10日以上残っている
MNP予約番号が必要です。

 

MNP予約番号は現在使っている携帯会社に「MNPb発行したい」と伝えるかインターネットなどから受け付けてもらえます。

 

クレジットカードかLINE Payカード

 

LINEモバイルの支払いはクレジットカードかLINE Payカードのどちらかになります。
振り込みなどには対応していないのでカードを持っていない場合は用意しておきましょう。

 

メールアドレス

 

LINEモバイルにはキャリアメールが存在しません。
なのでドコモでは@docomo.ne.jpなどのメールは使うことができません。

 

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールに登録して代わりになるアドレスを用意しておきましょう。

 

よく使われているのはGmailで使い勝手もよくわかりやすいです。


 

店舗も続々展開中

 

2017年3月から一部の家電量販店ではLINEモバイルの窓口が設置されていて
説明を受けたりその場での申し込みが可能となっています。

 

LINEモバイル即日受け渡し対応店舗一覧
※2018年7月22日時点で69店舗
2017年5月30日時点では14店舗

 

ビックカメラ

ビックカメラ 有楽町店
ビックカメラ ビックロ
ビックカメラ ラゾーナ川崎店
ビックカメラ 札幌店
ビックカメラ 名古屋駅西店
ビックカメラ 名古屋JRゲートタワー店
ビックカメラ なんば店
ビックカメラ AKIBA
ビックカメラ 新宿西口店
ビックカメラ 池袋本店
ビックカメラ 渋谷東口店
ビックカメラ 大宮西口そごう店
ビックカメラ 柏店
ビックカメラ 立川店
ビックカメラ 藤沢店
ビックカメラ 京都駅店
ビックカメラ 天神2号館
ビックカメラ 船橋東武店
ビックカメラ あべのキューズモール店
ビックカメラ 京王調布店
ビックカメラ 相模大野駅店
ビックカメラ 池袋西口店
ビックカメラ 鹿児島中央駅店
ビックカメラ JK八王子駅店

 

ヨドバシカメラ

 

ヨドバシカメラ 新宿西口本店
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
ヨドバシカメラ マルチメディア町田
ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
ヨドバシカメラ マルチメディア京都
ヨドバシカメラ マルチメディア博多
ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺
ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町
ヨドバシカメラ マルチメディア札幌
ヨドバシカメラ マルチメディア仙台
ヨドバシカメラ マルチメディア名古屋松坂屋
ヨドバシカメラ マルチメディアさいたま新都心駅前店

 

エディオン

 

エディオン 広島本店
エディオン 豊田本店
エディオン 安城店
エディオン 伊丹店
エディオン サントムーン柿田川店
エディオン イオンモール福津店
エディオン 那覇メインプレイス
エディオン 豊川店
エディオン 福山本店
エディオン 松山本店
エディオン 中環東大阪店
エディオン 倉敷本店
エディオン JR尼崎駅店
エディオン 東広島本店
エディオン 宮崎本店
エディオン イオンモール浜松志都呂店
エディオン 蔦屋家電
エディオン 米子店
エディオン 100満ボルト金沢本店
エディオン 100満ボルト松枝本店

 

ジョーシン

 

ジョーシン 大日イオンモール店
ジョーシン 四條畷イオンモール
ジョーシン 西宮ガーデンズ店
ジョーシン 大高イオンモール店
ジョーシン 浦和美園イオンモール店
ジョーシン 郡山イオンモール店
ジョーシン 岸和田店
ジョーシン 草津イオンモール店
ジョーシン 姫路大津イオンモール店
ジョーシン 泉南イオンモール店
ジョーシン 桂川イオンモール店

 

上記の69店舗で対応してもらえます。

 

約一年ほどで5倍以上の店舗数となっています。
それだけ利用者も多く安定して使用できているという事ですね。

 

しかしながらスタッフも少なく窓口に行っても手続きに時間がかかるので
店舗への移動時間や待ち時間を考えるとネットで申し込みをした方が早かったりもします。

 

値段の安さを出す為には人件費を抑えるのは当然のことなので
こればかりは仕方がないと言えますね。

 

事前に必要なものを用意しておけばネットで
LINEモバイルのサイトから申し込みを行えば10分程度で完了します。

 

申し込み時に記載内容に不備などがあると
スマホが使えるようになるまでに時間がかかってしまいます。
申し込み時の注意事項を記載していますので参考にどうぞ

 

関連記事
LINEモバイルの登録は免許証だけでOK!?でも注意点が・・。

LINEモバイルを契約する前の注意点

LINEモバイルに契約する前に確認しておきたい注意事項は以下の通りです。

 

18歳未満は申し込みができない
18歳・19歳の未成年は保護者の同意が必要
※本人名義のクレジットカードかLINE Payが必要
同一世帯で契約できるのは10回線まで
日割りで料金精算はできない
初月に解約した場合は1か月分の月額料金が発生する
端末保障の申し込みは契約時のみしかできない
音声通話プランは最低利用期限内※の解約は解約手数料が発生す

※利用開始から起算し翌月を1か月目として計算、12か月目の末日まで。
 解約手数料9,800円(税抜)

 

現在使っている機種を持ち込む場合

 

現在LINEモバイルでは、ドコモ(DoCoMo)回線とソフトバンク(SOFTBANK)回線があります。

 

LINEモバイルへ現在の端末を持ち込む場合は、
ドコモ・ソフトバンクどちらかの端末かSIMフリー端末が対応しています。

 

もし、他社で購入した端末が動作しなかった場合は自己責任となってしまいます。
動作しなくて初月に解約すると、以下の経費が請求されるので注意が必要です。

 

登録事務手数料     3,000円
SIMカード発行手数料   400円
1か月分の月額基本料金
MNP転出手数料     3,000円
解約手数料       9,800円

 

非常にもったいない出費になってしまうので、まずは自分の携帯が対応しているか公式ページで確認しましょう。
LINEモバイル公式サイトにも詳しく対応端末が記載されています。

 

もし、自分の携帯電話が対応していない場合はスマホとのセット販売もされていますので
LINEモバイル公式サイトから自分の好きなスマホを選んで申し込みをしましょう。

 

スマホとのセット申し込みはネット限定になりますので店舗での申し込みはできません。

LINEモバイルでスマホ代を節約しよう

LINEモバイルにキャリア携帯から変更するとどのくらい安くなるのでしょうか?

 

実際に計算してみた結果が以下の通りです。

 

キャリアの平均支払額が月額6,500円と言われています。

 

LINEモバイルの一番安い音声通話SIMだと月額1,200円です。
さすがに1GBでは、現実的に厳しいと思いますので一つ上のプランにしても

 

3GBで月額1,690円です。

 

これだけでも差額は4,810円です。
この1,690円のプランを家族4人で使っても6,760円となります。

 

今までの一人分が4人分に!

 

さらにLINEモバイルならカウントフリーのサービスもあるので
通常のキャリアより多く通信量を使うことができます。

 

さらにさらに現在LINEモバイルのキャンペーンで
月々の料金から900円×6か月割引というものを実施しています。

 

なので今なら相当お得に携帯電話を持つことができます。

 

キャンペーン詳細はLINEモバイル公式ページから確認してみてください。

良い口コミと悪い口コミまとめ

では、実際にLINEモバイルを使ってみた方々の
悪い口コミと良い口コミを集めてみましたので口コミを見てみましょう。

 

悪い口コミ

 

速度が遅くなる

 

2017年四月から契約して使っています。

 

当初はユーザー数も少なかったからか
通信速度は早く格安simの中でも群を抜いて優れていました。   

ですが契約者が増えてきたのか最近ではスピードが遅く感じます。


夜間は特に問題はないのですが、昼間は速度が低下することが多いです。

 

 

 

他の格安SIM会社にも言えることですが
やはり、回線を借りて使用していることもあり
回線へ接続しているユーザーが多いほど遅くなってしまうようです。

 

私の携帯で速度の検証を行った結果

朝9時台 昼12時台 夕方17時台
計数速度 下り:6.2 下り:2.4 下り:3.4

※使用場所によって変化する可能性はあります。

 

平均で下り4Mbps〜5Mbpsといったところでした。

 

日中に外でガンガンにネットを使用される方はちょっと遅いと感じてしまうかもしれません。
昼に使用したい場合はWifiを使うほうが良いですね。

 

ワンコインで使うのは現実的じゃない・・・。

 

ワンコインでスマホが持てる!という事ですごく感動して即契約!
と思ってプランを見てみると500円なら1GBのデータ利用のみ

 

あまり現実的じゃないなと思いました。

 

普通にスマホとして使うなら音声通話が無いと話にならないし
3GB〜5GBぐらいないとキツイ!

 

まあ、といってもキャリアに比べればとても安いのでいいですけどね。

 

カウントフリーは斬新でいいと思いました。
ツイッターやフェイスブックで結構容量がへってしまってたから

 

たしかに、データのみで1GBで契約ってなかなかないですね。
現実的に考えたプランとしては以下のようになります。

プラン データ 月額料金
音声通話SIM 3GB \1,690
音声通話SIM 5GB \2,220

 

キャリアと比べれば1/3 1/4ぐらいの料金なので月々の通信費を抑えたいのであれば
とても魅力的ですね。

 

良い口コミ

では、実際に使われている方の良かった口コミを見ていってみましょう。

 

LINEアプリを使用しておけば電話もメッセージも
ウントフリーでできるので重宝してます。

 

今まで結構LINEのやり取りが多かったので
そのせいで通信量がオーバーしていくことも多かったのでよかった。

 

カウントフリー分をYouTubeを見たりするのに当てれるので満足してます。

普段からLINEアプリを使用している方にはカウントフリーサービスはとても相性がいいですね。
月々のデータ容量をうまく活用できるので特にLINEを使う方にお勧めですね。

 

毎月1万円以上使っていたのでその通信費がすごく安くなって大満足!

 

家族みんなLINEモバイルの3GBにしても月々1680円なので
1人分程度の料金で収まってるのでよかった。

 

 

家族分を含めて3万円程度の通信費がかかっていたので
ここまで下げれて本当にうれしいです。

 

もっと早く乗り換えておけばよかったと後悔しています。

 


節約できたお金は家族のために使えるので気持ちにも余裕ができてます。

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の携帯を使うとどうしても7000円〜10000円程度の
月額料金が発生してしまいますが、LINEモバイルなら格安でスマホを持つことができます。

 

毎月の通信費を節約したい主婦の悩みを解決できるので通信費を抑えたい方にもおススメですね。